Mimosa House
2020. Residence

石州瓦葺の屋敷や蔵が残る農家の集落と新興住宅地の境界のような場所に建つ、老夫婦のための住宅。

リビングと2階の和室をつなぐ細長い吹き抜け空間には、屋根を支えるかのように天井に向かって長く伸びる壁一面の棚を設えました。

リビングダイニングと寝室は隣り合わせでこの棚によって仕切られていますが、カラーガラス越しにちらりと様子が見えたり、扉を開けて声がけが出来たりと、コミュニケーションが取りやすいよう配慮しています。

 

砂丘をイメージした和室は中空ポリカーボネートの半透明の壁から柔らかく光が漏れます。

​施工 : JUKEN / pianta-piatto

撮影 : Koji FUJII / Yoshimi IKEMOTO / marutau aruqui